低用量ピルはほぼ100%避妊可能

望まぬ妊娠をしないために、「避妊」は女性にとって非常に大切なことです。
しかし、コンドームによる避妊が主流の日本では、男性に対してなかなか言い出せなかったり、アクシデントにより本来の効果が発揮されないなど、避妊を取り巻く現実はそう簡単なものではありません。
世界の中で、日本は予期せぬ妊娠が多いという現実があります。
それは、他の先進国に比べ、避妊に対する女性の主導権が十分ではないことも意味しています。
日本の女性が、妊娠を自分自身できちんとコントロールできる手段として、低用量ピルの使用が注目されています。
ピルというと、ホルモン剤の一種であるため、使用するのに抵抗を感じる方もおられるでしょう。
しかし、決められた用量をきちんと服用することで、ほぼ100%の避妊が可能であり、万が一妊娠した際の、中絶のリスクを考慮すれば、低用量ピルの使用は、女性の心と身体を守る良い方法といえるでしょう。
日本人は特に、日常的に薬を摂取することに抵抗を持っています。
欧米諸国では、ピルの使用が一般的になっており、若いうちからその安全性や使用方法がきちんと伝えられているそうです。
実際に、日本でも避妊のみならず月経不順の調整、月経過多、月経前症候群の症状改善、生理痛などの目的で多くの医師がピルを処方しており、その有効性は証明されています。
ピルの成分は、エストロゲンとプロゲステノーゲンと呼ばれる女性ホルモンから成っていますが、エストロゲンの配合量により、低用量ピル~高用量ピルに区分されます。
そのうち低用量ピルは、避妊効果がきちんと発揮される範囲で、配合のホルモン量を最小に抑えてありますので、毎日決まった分量を忘れずに飲む必要があります。
初めてピルを使用する場合は、月経の初日から飲み始めましょう。
ピルを使用すると、女性の身体の中で、エストロゲンとプロゲステノーゲンが排卵後と同じ状態を作り出し、排卵が起こらなくなります。
よって飲み始めたその日から、避妊効果があり、21日間飲み続け、7日間服用を休むのが基本です。
もし途中で飲み忘れ、時間が経過してしまえば、効果は無くなってしまうので、初めて使用する方は、医師のアドバイスを受けることが大切です。
病院からの処方箋がなければピルは購入できませんので、産婦人科に相談すると良いでしょう。
飲み始めの2~3周期は吐き気や頭痛、乳房の張りなどの副作用が起こる場合がありますが、馴れてくると次第に軽減すると言われています。
ピルに対する誤解や、恐怖を持つ方もいらっしゃいますが、正しい方法で使用すれば、女性の身体を守る有効な手段として期待できるでしょう。

■低用量ピルをお求めならこのサイト
薬のネット販売”あんしん通販薬局”

ページトップへ