低用量ピルで女性ホルモンをコントロールできます

女性にしかわからない、月経前のイライラをはじめとする不快な症状や月経痛に、低用量ピルを用いることが近年注目されています。低用量ピルを服用することで、女性ホルモンをコントロールし、不快感や痛みを改善することができるというのです。
低用量ピルには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。避妊薬としてのイメージが強いですが、子宮内膜症に伴う月経痛や機能性月経困難症の治療薬として健康保険の適用が認められています。基本的には28日間を1サイクルとし、21日間は実薬を飲み、7日間はピルを飲まないかするか、偽薬を飲むパターンです。ピルを飲んでない間や偽薬を飲んでいる間には、子宮内膜がはがれて月経に似た出血が起こります。ピルを飲んでいる間は、月経周期もコントロールできるといってもよいでしょう。
低用量ピルを飲むと、卵巣を休眠させ、女性ホルモンの分泌を抑えることができます。卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌が抑えられると、卵巣が刺激されなくなり排卵が止まります。排卵が止まると、子宮内膜が厚くならないので、痛みの伝達物質が作られにくく、痛みが和らぎます。子宮内膜症に伴う痛みを、持続的に抑えることができるというわけです。
また、月経前にイライラするのにも女性ホルモンが関係しています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、月経から月経の間に、排卵日を挟んで体内での分泌量が変化するのです。排卵期から月経前までは卵胞ホルモンの値が低下し、相対的に黄体ホルモンの値が高くなります。すると、心を安定させたり、食欲をおコントロールするセロトニンの分泌が少なくなってしまいます。生理前にイライラしたり、食欲が増したりする理由がここにあります。ピルを飲むと、女性ホルモンの変化をコントロールすることができるので、月経前のイライラを緩和することが期待できるのです。

ページトップへ