低用量ピル専用ケースで飲み忘れを防いでしっかり避妊

さまざまな避妊グッズの中でも最も確実に妊娠を防ぐことが出来るのが、低用量ピルです。
このアイテムはピルを飲むだけで、成功率を98%以上に引き上げることができるもので、1960年代にアメリカで発売されて以来、世界中の多くの女性に愛用されています。
何よりコンドームなどのほかのアイテムと比較しても、低用量ピルは女性が自分の意思で避妊をすることができるというところが大きなメリットになります。

ただし低用量ピルはその服用の仕方が少し複雑です。
最も親しまれている21錠入りのタイプでは生理が始まった日から1シートを飲み続けていき、21錠すべてを飲み終えたところで、7日間服用をお休みしなければなりません。
休み終わったら次の21シートを飲んでいくのですが、このお休みの期間を偽薬を飲むタイプのものもあります。
飲み忘れがあると若干ではありますが、避妊率が下がってしまうので、飲み忘れをしないように服用する必要があります。
そうした飲み忘れを防ぐ効果があるのが専用のケースです。
ケースには日付などの数字が書いてありますので、はじめの日にケースに分配してピルを入れておくことで、飲み忘れを防ぐことができます。
こうした専用のケースなどを利用するのも、飲み忘れを防いで上手にピルを活用する良い方法となります。

低用量ピルの効果は避妊はもちろんのことですが、他にも美容や健康において大きなメリットがあることが知られています。
その中でも子宮や卵巣など女性特有のがんの発生の割合を防いでくれるのは大きなメリットです。
同様ににきびができやすい方が治療として低用量ピルを服用することがあります。
低用量ピルは女性の人生設計だけでなく、健康や美容にも大きく関わってくるのです。

ページトップへ