知っておきたい低用量ピルに種類と使い方

ピルは避妊薬として有名で、昔は卵胞ホルモンの含有量が高用量や中用量のタイプが多くを占めていましたが、現在では低用量ピルが主流になってきています。
28日を1周期として、毎日しっかりと飲み続けることで確実な避妊効果を得ることができます。
その他にも、ガンのリスクを防いだり、月経痛やPMSの軽減、月経周期を安定させる等の効果もあります。
さらに、女性にとってうれしいことに、美肌効果もあるとされています。
低用量ピルには、いくつかの種類や使い方があります。
ピルに使われている黄体ホルモンの開発時期によって、第1世代から第4世代まで4つに分けられています。
第1世代が最も古い世代のもので、第4世代は超低用量ピルと呼ばれ、最も副作用が少ないため、従来の低用量ピルが身体に合わない人のために使用される事が多くなっています。
また、1周期中のホルモン量の変化によって、一相性ピルと段階型ピル(二相性ピル・三相性ピル)という種類に分けられます。
一相性ピルは、1箱に入っている21錠のピルのすべてが同じ成分です。
二相性ピルは、成分の段階が二段階に変化し、三相性ピルは三段階に変化します。
変化の内容は商品によって異なっています。
さらに、使い方によって、21錠のタイプと28錠のタイプがあります。
21錠タイプは生理が始まった日から1日1錠を21日間飲み続け、7日間休んだら、また次の21錠を飲み始めます。
28錠タイプは、同じく21錠を飲んだら、次の7日間は「偽薬」(プラセボ・ダミーピルとも言われる)を服用し、また次の21錠を飲み始めます。
このように、低用量ピルは、服用する目的や、自分の生活パターンによって選ぶことが可能ですので、種類や使い方などそれぞれの特徴を知った上で、きちんと服用していくことが大切です。

ページトップへ