低用量ピルの副作用と服用にあたっての注意点

低用量ピルというのは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンを一定量だけ組み合わせた製剤であり、これを一般的には生理の周期にあわせて毎日1錠ずつ飲むことによって、すぐれた避妊の効果を発揮します。
低用量ピルは、女性が主体的に避妊ができるということのほかにも、月経前症候群などの女性の体に特有の症状を緩和するプラスの効果があるといった、さまざまなメリットをもっています。
ただし、その服用にあたっては、いくつか注意しなければならない点もあります。

低用量ピルの副作用については、飲み始めの時期に吐き気やむかつき、頭痛、腹痛、胸の張りなどの、ごく軽い副作用が出やすいとされています。
これはホルモンのバランスの変化にともなうものですので、継続的に飲んでいればやがておさまります。
従来のホルモン量が多い高用量とよばれるピルと比較すると、ホルモン量が少ない低用量ピルは、かなりこうした副作用のおそれは少ないとされています。

ただし、確率的にはそれほど多くない副作用ではありますが、静脈血栓症などをはじめとする血栓症が、低用量ピルの副作用として指摘されており、こちらは重篤になりやすいので要注意となります。
血栓症というのは、血のかたまりが血管を塞いでしまい、血液に溶け込んでいる酸素や栄養などの流れがなくなってしまう症状のことをいいます。
そのため、突然息苦しくなったり、刺すような強い頭痛があったり、手足が立たなくなったりといった初期症状がみられた場合には、すみやかに専門の医師に診察してもらうことが大切となります。
特に、ヘビースモーカの人、年齢が高い人、肥満体質の人などは、こうした重篤な副作用の症状が起きやすいとされていますので、服用にあたってあらかじめ注意しておくことが必要です。

ページトップへ