彼の理解が得られない場合は低用量ピルを服用しましょう

恋人がいる女性に取って、妊娠は常に付きまとう問題であり、今現在子供を持つことを希望していないのであれば、性交渉の際には必ず避妊をすることは常識です。しかし、先進国といわれている日本において、避妊という非常に大切な問題を、性交渉を行う男女両者でしっかりと話し合うという習慣は見られず、口に出すのはタブーといったおかしな風潮がまかり通っているのも事実です。その為、避妊を彼任せにしている女性も非常に多く、不安な気持ちを隠してセックスを行っているという声も聞かれています。避妊の失敗によって傷つくのは、男性ではなく、女性だけなので、避妊についてはしっかりと話し合い、合意したうえでリラックスしてセックスを楽しむべきでしょう。良く、避妊具を装着すると感度が悪くなるなどと言い、装着を拒む男性もいますが、このように女性の気持ちを理解しない男性とは、安心してセックスは行えないので、その旨をはっきりと伝えるべきです。しかしどうしても、嫌われたくないといった考えで、彼の希望に沿った形で身体を許してしまう女性もおり、望まない妊娠で中絶手術を受けるという悲しい結果に陥ってしまっている方も少なくありません。こういった悲劇を避ける為にも、女性が自分で低用量ピルを服用して、妊娠しない身体に管理しておくことも大切です。彼の理解が得られないから、低用量ピルで避妊するということは、男性のわがままを受け入れたようで釈然としない部分もありますが、こういう身勝手な男性とのお付き合いをやめられない以上、自己防衛するしか手はありません。低用量ピルは服用することにより、避妊効果を高められるメリット以外にも、毎月の生理をとても楽にしてくれるというメリットもあるので、ピルの効能を理解し、体調管理にうまく役立てるのも賢い選択です。

ページトップへ