避妊具の種類と使い方を知っておこう

望まない妊娠を避けるためには、必ず避妊を行う必要があります。
若い年代の人は、避妊具の種類や使い方を知っておくようにしましょう。
一番ポピュラーな避妊具は、コンドームですが、比較的購入しやすい価格になっていますし、ドラッグストアやインターネット通販などで購入できるので簡単に入手ができます。
避妊具のコンドームは、陰茎を形どった形状になっているため、使い方は性交前に陰茎にしっかりと装着させて下さい。
高い避妊効果を得るためには、陰茎のサイズに合った商品を選ぶ必要があります。
精液が漏れるのを防ぐために、ややきつめのサイズを選ぶようにすると良いでしょう。
避妊具のコンドームは、射精をしても精液が中に溜まるので、女性の膣内に精液が入るのを防ぐ効果が期待できます。
コンドームは薄めに作られているため、あまり耐久性がないため、破損をしないように丁寧に取り扱うようにして下さい。
避妊具の種類の中でも、女性が中心になって避妊をするペッサリーも高い人気があります。
ペッサリーを子宮口に装着することで、精子の侵入を防ぐ働きがありますし、安全性が高いのが特徴になっています。
医師にきちんとサイズに合う商品を選んでもらう必要があるため、サイズを測定する必要があります。
使い方は、性行為の前に女性が装着をするようにして、射精後は8時間は装着したままにしておきましょう。
避妊具の種類のIUDは、医師に子宮内に装着をしてもらう必要がありますが、受精卵の着床を抑える働きがあります。
長期間使用できますが、人によっては不正出血が見られることもあるので、医師に相談するようにして下さい。
コンドームやペッサリー、IUDなどの避妊具を使用することで、高い確率で避妊ができます。

ページトップへ